poco a poco 台湾的生活

アクセスカウンタ

zoom RSS インドネシア旅行〜世界文化遺産ボロブドゥール遺跡〜

<<   作成日時 : 2013/01/03 00:27   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

この日はクリスマスイブ☆


でもここジョグジャカルタは赤道直下。


当然、暑い、暑い、あっつーーーい!!


この日は世界最大級の仏教遺跡「ボロブドゥール遺跡」へ。


インドネシアの学校もお休みに入ったようで、地元の家族連れの


おでかけコースにもなっているらしく、すごい人、人、ひとーーーー!!


画像



ここは遺跡専門の日本語ガイドさんがついてくださり、


ひとつひとつ丁寧に説明をしてくださいます。


まぁ、すんばらしい日本語で、遺跡に目を奪われながらも


「よ〜、そんな日本語知ってるな〜」と感心しっぱなし。。。


ここは、出土した石碑の碑文から、8〜9世紀前後に50年歳月をかけて


建造されたと考えられていて、その後1000年以上も密林の中で火山灰に


隠れていた・・・というまだまだ謎の多い遺跡。


仏教遺跡だけあり、この遺跡はまさに仏教の成り立ちや生い立ちの


公開図書館のような感じ(←これガイドさんの言葉〜♪)。


「仏伝図」でグルッと囲まれている第1・2回廊はこんな感じ。


画像

画像

画像

画像

画像

画像



私は第1・2回廊しか廻っていないのに汗ダクダク。。。


人も多いし、暑いし、狭い回廊の中をみんなが写真大会です。


とにかくすごい人。警察も出動して、入場規制や監視に来ていました。


次は第3・4回廊。ここは仏教でいう「無」の世界への入り口。


ストゥーパと呼ばれる仏舎利を安置している仏塔が立ち並んでいます。


画像

画像



↑これは唯一ひとつだけ、ストゥーパの上半分が倒壊していて


中がどうなっているか見えるもの。釈迦牟尼像がこのように入ってるのです。


ちょっと不思議だったのは、見学している間に、


何度も「一緒に写真を撮ってください」と


現地の学生さんや家族連れのかたに言われ、


「まだ外国人が珍しいのかな??」と思えるほど。


確かに地元の人しか見受けられない様子ではありました。


まだ小学生かな?と思える女の子はピターッと私にひっついてくる(^_^;)


彼らが「トゥリマカシー(ありがとう)」というので


私たちは「サマサマー(どういたしまして)」と答えると


すんごく嬉しそうにキャッキャッ言うので、


唯一知ってる言葉を使えて良かった〜と思える瞬間でした。


画像



かなり離れないと全体像が入らないここ「ボロブドゥール遺跡」。


ただ単に石を積み上げて造られているものなので(継ぎ目はなしなんです)、


いつか崩れるな・・・と思いつつも大切にしていってほしい、


残していってほしいと思える素晴らしい遺跡でした。


この日の夜はラーマヤナ舞踊を見に行き、


画像



心地良いガムランを演奏を聞きながら、


パフォーマンスを楽しませていただきました。


インドネシアはバリ島だけではないですね。


侮るなかれ、ジャワ島。次の日も楽しみ楽しみ♪


つづく☆☆☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「世界文化遺産ボロブドゥール遺跡」良いですねーNHK番組などで見ると何かオドロオドロした感じに思っていましたが、この写真で見ると身近で明るい感じに見えますね
サヤ侍
2013/02/06 12:33
サヤ侍さま

コメントありがとうございました!!
ボロブドゥールはあまり期待してなかっただけに、ものすごい感動を覚えました。まだまだ見たいものがたくさんです!(^^)!
LIJING
2013/02/07 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドネシア旅行〜世界文化遺産ボロブドゥール遺跡〜 poco a poco 台湾的生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる